シンケンジャーショー、再び。

過去記事の「シンケンジャーショーに行ってきました!」に続いて2回目のシンケンジャーショーに行ってきました。
場所は前回と同じく、東京ドーム内にあるGロッソシアターというところ。で、今回も前と同じく変身前の役者さんが出演中、で前回の時はメインの5人が出演だったのですが、今回は6人目の戦士であるシンケンゴールドこと梅盛源太の役者さんも参加していて、正真正銘侍戦士全員集合していたのです。
で、今回も前回と同様に彼女がチケットを当てたので行けました。
彼女はホントにシンケンジャーが、特にシンケンレッドが大好きなのです。
彼女自作のうちわ表
これオフィシャルグッズじゃなくて彼女の自作うちわです。
こんなものまで用意して……(笑)
彼女自作のうちわ裏
裏はこんな感じです。
で、今回のショーはほぼシンケンジャーの最終回付近の話に近い形で、ドウコクが出てきたり、姫が出てきたり、丈瑠は出て行ったところだったりします。それらを踏まえてショーオリジナルの展開になっています。例えばドウコクはTVのときのように恐ろしいほど強いわけではなく、十臓やアクマロを復活させたりしていて、戦いの舞台はドウコクが作った地獄となってます。
丈瑠はドウコクに捕らえられ、姫が止めるにも関わらず、シンケンジャーの面々は殿を救いにドウコクの地獄に行く、というお話になっています。
TVにはなかったオリジナル演出としては殿と姫が同時にシンケンレッドとして戦うところでしょうか。あれって多分、ショドウフォンがシンケンジャー一人に対して1個しかない、TVだとシンケングリーンがショドウフォンをなくして問題になっていた回がある、という設定だと思うので二人シンケンレッドが出てくるのはおかしいのですがまあショーということでそこは別物扱い。
そしてショーが終わったあと、カーテンコール的にシンケンジャーのキャストの面々が出てきて一言ずつ挨拶。彼女の自作うちわも大活躍(笑)
ひいき目に見ても、そのシンケンレッドの役者さんはこっち見てたように思います。そりゃ他にうちわ振ってる人はいなかったように思うし目立ってましたよ。
そんな感じでGロッソでは最後のシンケンジャーショーを観てきました。
だが、まだシンケンジャーは終りません。6月にはVシネマで新作が出て、さらにショー自体もまだファイナルツアーというのがあって、東京を除く地方をまわるショーがあるんですがこれも彼女がチケットを取ったので3月にはまたシンケンジャーショーに行ってきます。
しかしこれ、場所が遠くて……。次は静岡の浜松市で観てきます。実は近くだと静岡市でもやってるんですが、会場の浜松ってのをみて「東京の浜松町」と勘違いしたらしくそこのチケットを申し込み、見事当選してしまったそうです。しかも朝から夕方まで3公演あるんですが、全公演当選という……(笑)
さらに彼女は地元北海道の札幌公演も3公演当ててるっていうんで、ホントシンケンジャー大好きなんですね。
そんなわけで3月は浜松まで行ってきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする