実家から届いた思い出の味。

今日実家から荷物が届きました。帰省したときの帰り際に「これ持って行きなさい」って渡された荷物なんだけど、冷凍した食品とか餅とか。さすがに重すぎるから持ってくるのを止めたんだけどその日の出来事を考えるとホント持って帰ってこなくて良かったな、って思います(笑)
さて、届いた荷物ですがまず鮭が何切れかとたらこが何腹か。たらこはすごい固まりになってるから結構食いでがありそうです。しばらくたらこスパゲティ作り放題だな。
それから前述したように餅。これ実家でお祖母ちゃんが餅つき機でついて作ってくれた豆餅です。何年か前の年末帰省のときに、自分が子供の頃はよく餅ついてたけどもう作らないの?って聞いたことがありました。自分は子供の頃これが大好きでした。それでまた食べたいなぁーって話をしたのでした。それ以来また作ってくれるようになった豆餅で、わざわざ自分のために作ってくれてるんだから有り難いことです。
自分は色々な事情でお祖父ちゃんお祖母ちゃんに育ててもらったので、おふくろの味というとお祖母ちゃんが作ってくれるご飯なんです。で、北海道では大晦日に寿司やらお節料理っぽいものやらを並べて食べるのが普通らしく、うちの実家でもそういう風習です。うちでは寿司とオードブルがメインかな、お節もあるけど。そのオードブルに自分が好きな唐揚げがあって(北海道ではザンギって呼ぶ)、自分も最近は料理が趣味的なほどあれこれ作っているので、この唐揚げも自分で作ってみたいなぁと思い「これってどうやって作るの?」と聞いてみた。
すると「唐揚げ粉使ってるよ」って言われた。なんだ特別ななんかレシピを期待してたから拍子抜けでした。まあそんなもんか。
で、さらに翌日はおでんを食べていたんですが「これってタレどうやって作ってるの?」とまた聞いたところ「これはハ○スのおでんのもとだよ」って言われました。自分のおふくろの味はほとんど市販の物で再現できそうです……(笑)
あと荷物にはなぜかバターが3個入ってました。雪印のバターです。
何年か前にバターがなかなか手に入らなかった時があったかと思うんですが、うちのお祖母ちゃんはどうもその頃の印象が強いのか、いまだにバターを心配してくれてます……。いや、さすがにバターはもう簡単に手にはいるよ、お祖母ちゃん!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ナイロビ より:

    たらこスパ良いですな。
    作り放題なんて、なんて贅沢な(笑)
    ウチは昔、両親が東京で居酒屋等を経営していたこともあって、
    おでんとか、唐揚げは自家製で、関西風と関東風を作れるのが唯一の自慢です(笑)
    バターは北海道料理には地味に使う場面多いですからね。
    色々と、さぞ苦労したのではないでしょうか。

  2. より:

    たらこスパはいいね。それを美味しく作る「ためだけ」に昆布茶の元買ったくらいですわ。あの美味さは中毒性が高くてヤバイくらい(笑)
    唐揚げはレシピを見て色々作ってみてるんですがおでんは難しいですね。美味しく作れるのはうらやましいです。
    うちじゃあんまりバター使わないはずなんで、ちょうどその時期に実家に電話してたんでその印象が残ってるんじゃないでしょうかね。