神のみぞ知るセカイ、FLAG9

ガッシュの作者雷句先生のブログ記事を受けて、このブログでは今後「サンデー」という言葉は使用しない方向にしました。
ホントはもう買わない、といいたいのですがやっぱり「神のみぞ知るセカイ」は超絶応援しているので買わないわけにはいかないな……と。コミックだけ買うのもいいんでしょうけどね。
僕的にはガッシュが好きかキライかではなくて、絵描きにしろ作家にしろマンガ家にしろ、この国は創作者に対する扱いが酷すぎるわけで、それが露骨にあらわになったこの件は、非常に腹立たしいわけでして。
サンデーは代々の編集長が筆頭ウンコだからまあどうにもなりませんわな。ウンコがアタマ張ってれば下がウンコ以下になるのは当たり前ですから。こういうウンコどものせいで頑張った人間が全く報われない、そういうのがホント頭に来るのです。僕がここで息巻いても何も変わりませんけど、今後サンデーとは切り離して、神のみぞ知るセカイを応援していくぞっと、そういう宣言でした。
先週の話をすっ飛ばしているのですが、西原かのんという桂馬と同じ学校に通うアイドルが次のターゲット。ところが桂馬が手を出さずとも積極的に自分を認めさせようとアピールしてくるかのん。それをことごとくムシし続けると、かのんはドンドン透明になって消えていきました……というのが前回までの話。
透明って……?と思うかと思いますが、彼女はどうやら自信を喪失すると自身を喪失するという……なんともマンガらしい設定のようです。決して元から幽霊とかそういうのではなくて(笑)
こうして相手の悩みを知り、いざ攻略となるわけですがかのんはなかなかの強敵。一日に36回も呼び出され、ぐったりする桂馬。そりゃそうだ、ゲームじゃないんだからね!まあマンガですけど(笑)
そんなわけで順調に仲良くなる桂馬とかのん。そろそろ心のスキマは埋まったというエルシィ。が、桂馬は何か足りないと言います。そこでかのんが失踪し、「エンディングが……見えた!!」といつもの決めゼリフで来週へ続くー。さて次でかのん編は終わりかなぁ。
なんつか毎回言ってますが、短い間のヒロインなのにそのヒロインがいちいち可愛いからホントもったいないなぁと(笑)
なでなでしてもらってるかのんとかホント可愛いのになぁ。まあアイドルだから可愛いのは当たり前なのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    雷句先生のアレは確かに酷い話です。
    サンデー編集部には弁解の余地が無いと思います。

  2. より:

    まあ昨日今日始まった話じゃないしねぇ。久米田先生も椎名先生も良くネタにされてますし……。
    そういいながら戻ってくるんだろ的な態度の編集長がねー、もうホントウンコ以下だよなぁ。どんだけ腐ってるんだか……。