フランス旅行に行ってきた話、その8。

前回までのフランス旅行記は……。

2日目終了。

モンサンミッシェルで1泊して旅行3日目に入ります。
3日目、午前中はモンサンミッシェル観光でお昼にモンサンミッシェル名物である「オムレット・モンサンミッシェル」を食べます。それから午後ロワール地方へ移動。
ロワールでは古城を見てまわります。中に入れるのは1カ所ですが一応3カ所行く予定で中に入らない2カ所は外観だけ見て記念撮影して移動。これは翌4日目のスケジュールで3日目はロワール地方への移動のみ、だったのですが時間があったからか見るだけのうちの1つ、アンボワーズ城だけ3日目に見に行きました。それからホテルに移動してロワール地方で1泊、というスケジュールです。

モンサンミッシェルは「聖ミカエルの山」という意味です。成り立ちをWikipediaから引用すると

708年、アヴランシュ司教オベールが夢のなかで大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」とのお告げを受けたが、悪魔の悪戯だと思い信じなかった。再び同じ夢を見たが、また信じなかった。ついに3度目には大天使はしびれを切らし、今度はオベールの額に指を触れて強く命じたところ、オベールは稲妻が脳天を走る夢を見た。翌朝、オベールは自分の頭に手を置くと脳天に穴が開いていることに気づいて愕然とし、ここに至って大天使ミカエルのお告げが本物であると確信してここに礼拝堂を作ったのが始まりである。

ということです。写真では分かりにくいかも知れませんけど、一番上についている金色の像がミカエルの像で、下のギャラリーにある石膏のミカエル像はそのレプリカだそうです。

1979年に世界遺産登録されて、日本ではTV番組(多分ふしぎ発見あたり?)で特集をされてから人気の観光スポットになってるそうです。下の写真はあまり人が写っていないものをチョイスしていますが、もう日本人やら中国人やらアメリカ人やら、とにかく色んな観光客でごった返してます。それでも朝一に行ってるのでまだ観光客も少ない方で午後からもっと増えるとガイドさんが言っていました。確かにどのツアーに参加するか選んでたときもツアーパンフでのモンサンミッシェルのプッシュっぷりはすごかったしね。で、実際自分たちはそれに釣られて行ったわけですけど間違いなく素晴らしいところでした。

20131013j
それでこれがモンサンミッシェル名物のオムレツ。ふわふわに泡立てたたまごをオムレツ状に焼いたオムレツです。ふわふわなので食べ応え……と考えるとイマイチかも。食感を楽しむもの、って考えるとなかなか美味しいと思います。実はオレが一回食卓にこれを作って出したことがあるので自分たちは抵抗なく食べれたのですが、他のツアー客の間ではあんまり評判がよくなかった料理でした……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする