BTOパソコンを購入した。

相変わらず新しく購入したPCの設定にいそしんでるこの頃。

とりあえずデスクトップ周りをだいぶすっきりさせたのでひとまず満足してそろそろソフトのインストールしようかな……。じゃあ今まで何してたのって話ですけど、ランチャー選んだりデスクトップに置くガジェット選んだりとかそういうくだらない設定をしてました。

で、PCの購入に当たって検討したこと、なんかを今日はメモ代わりに書いておこうと思います。

一も二もなくBTOで購入することは決めてました。理由は、

1)自作PCはトラブル対応がめんどくさいのでやりたくない。
2)かといってメーカー既成のPCはスペックが物足りなかったり、モニタがそのメーカー製のもの付属だったりするので満足できない。

という非常にわかりやすい理由でBTOを選びました。

BTOパソコンって何?っていうとBuild to orderの略語で、商品を部品の状態で保管してそれを注文に応じて組み立てて発送するっていう売り方です。上に書いた理由に出てくるメーカーPCというのも実はBTOの一種だったりします。例えばヨドバシなどの家電量販店では普通すでに組み上がったPCが売られていますが、最近では各メーカーとも自身の通販サイトを持っていて、そこで購入をすると例えばメモリを増設するとか、OSをインストールするストレージはSSDにするとかHDDで大容量のものにするとか、そういうのを選べたりします。

なのですが一般ユーザーの間でBTOパソコンというと、そういうった家電量販店などに販売ルートを持たずに通販や直販のみで販売しているパソコンを指すことが多いです。ちょっと説明では分かりにくいですが、パソコンを専門に扱ってるショップがやってるBTO販売のパソコンっていうのがそれに当たります。もっと具体的にいうなら、TSUKUMOだったりドスパラだったりマウスだったりデルやエプソンダイレクトだったりというのがそれです。

具体的に挙げたものを見て分かるように、BTOパソコンといってもあちこちのメーカーから出てるんで、それをどこから買うかというのを考えるだけでもなかなかの苦労です。例えばマウスのPCはダメだダメだとよく言われてるんですけど、PCの初心者がBTOで購入してよく分からずに使ってるからダメっていう口コミが多く聞こえるんじゃないかと思います。

で、自分は「サイコム」というBTOパソコンを販売をメインでやってる会社で購入しました。

BTOパソコンで決めれるパーツっていうのは当然各会社によって違っています。主にどういうところが違うかというと、例えば多くのところはケースはあまり選べません。あるいはマザーボードを選べるというところも少ないです。この2つは初心者には選ぶのが大変、というのが主な理由なんじゃないかと思います。よほどのことがない限りマザーボードは売れ筋のが乗ってるのがほとんどだと思いますけど……大事なパーツですからね。

それで「サイコム」を選んだ要因というのがそこにあって、ケースもマザーボードもある程度自分で選べるから、というのが一番の理由になります。自分は自称中級者くらい、だと思うんですけど、中級者くらいだとある程度自由に選べるサイコムのBTOはかなりいいんじゃないかなぁと思いました。OSなしっていうの選べますしね。

自分は、ミドルタワーのGZ2100Z77っていうのをベースにCPUはCore i7-3770、GPUはGTX650Ti Boost、サウンドはオンボードでちょっと節約、それからPLEXTORの128GBのSSDとWDのHDD 2TB、でメモリは奮発して32G積みました。それで電源はちょっと容量大きめのに積み替えて、ケースはCoolerMasterのSilencio 650というのを選びました。この辺は画像で見てこれがよさげだなぁーっていうインスピレーションですけど。さすがにケースの善し悪しは実際見ないと分からないですね、いやケースに興味がないときっとこれがいいとか悪いとかつかみにくいと思いました。

そんな感じのPCが我が家にやってきて、私、最近は上機嫌でPCいじってたわけです……。いやーすごいわ、すごい快適だわ……。ここ2年くらいacerのノートPCがメインマシンだったから比べものにならないくらい快適です……。なのでPCいじる以外なんもしてない、みたいなことになるのも仕方がないことですよね。

とりあえず色々明日からがんばる!かなぁ……?w

◆昨日の運動

やっぱりなし。昨日は天気が良かった、そしれこれから下り坂のようなので運動しておけば良かったなぁと今頃思ってます……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする