安いUSBメモリに泣かされる

pqiってメーカのUSBメモリが近所のカメラ屋で投げ売りされてたんで購入した。んーと、7月くらいの話。1Gが1500円くらいだったかな?バカみたいに安いなぁ、なんて思いながら購入。
ちょっと前にSonyの2GのUSBメモリを買ったんだけど、引越しのドタバタで行方不明になったから必要に迫られてたのも後押しして、
「安かろう悪かろう……だけど一時凌ぎでいいか」
と、そう思って購入することにしました。
僕がUSBメモリを使用する理由は、テキストで色々打ち込む、まあ恥ずかしながらショートストーリーというか小説的なもの、のでそれを持ち運ぶのが主目的。
で、そんなのに1Gとか2Gとか使わないわけじゃないですか。
じゃあみんなはどうやって使うんだろう?なんて調べてみたら色々アプリケーションを入れて持ち歩く、なんて記事をみかけて
「こいつはいいなぁ、早速真似しよう」
となり、アプリケーションを持ち歩くようになりました。
僕が持ち歩いているのは、
・Portable Sleipnir(ブラウザ)
・Jane Style(2ch閲覧用ブラウザ)
・Firefox Portable(ブラウザ)
・Thunderbird Portable(メーラー)
・OpenOffice Portable(OpenOffice、Officeがなくて困ったとき用)
・Vim(仕事用)
・TeraPad(テキストエディタ)
・AUTLA(アウトラインプロセッサ)
・窓の中の物語(オンライン小説を本風にして読むためのアプリ)
・原稿用紙カウンター(txtファイルを原稿用紙何枚か計算してくれるアプリ)
・ID Manager(パスワード管理)
・PStart(起動ランチャ、停止させると下のアプリが動くように設定)
・UnplugDrive Portable(ドライブの停止させる、上のアプリと連動)
とこんな感じです。
ブラウザはメインにPortable Sleipnirを使っていて、2ch見るときはJane Styleといった感じ。
自分でサイト作ったときは見た目をFirfox Portableで確認してます。
ブラウザを持ち歩けば、ブックマークも持ち歩けて便利だ!って感じなんですが、やっぱり安いUSBメモリのせいなのか……、ここ数日、毎日SleipnirとJaneのファイルがぶっ壊れます。メモリチェックが走って起動できなくなるんです。
なので結局Sleipnirの設定は別の場所に保管、というわけのわからない状態に。
いつか一番大事なテキストデータも吹っ飛びそうで怖いです……。
もうちょっと良いUSBメモリ買おうかなぁ、と思うわけです。
今度はもうちょっと容量のあるやつ買って、いっぱいアプリ入れておきたいなぁ、なんて思うわけですが予算との兼ね合いかな……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする