今朝見た夢

どういうわけか、知らない女性……といっても高校生に怒られてるんだ。
「あんたの言ってることはわけがわからない!」
と。僕は、なんで女ってこうキレること前提で話し掛けてくるんだろな、なんて思いながら反論するんだ。
「いや、わけがわからないのはこっちだけど?」
もちろんこう言うさ。だってわけがわからない。お前誰?っていってもいいくらいだ。こんな女知らないし。例えるなら突然マンガのコミック4巻あたりから見始めたようなもんだ。
「だからさ、なんでちゃんとやらないのって聞いてるの?」
何をだ?何をなんだ?
「いや、やるよ? やればできることくらい知ってるだろ?」
あれ?何をやるのかわからないけど、僕はやればできるらしい……。この辺から、「これは夢だ」と気がついた、ということではなく「この話を受け入れた」という感じになっていく。つまり、物語に同化してしまったみたいだ。
「じゃあやってみせてよ?」
オッケー、わかった。見て驚嘆するがいい。
で、なぜかバッティングセンターに行く二人。
バンバンホームラン出す僕、いや、野球なんてキライなんだが……。
「口ではあんなこと言っても、ちゃんと練習してるんだね……」
なんてちょっと感動してるの、この子。まあもういいだんけどさ。
「フンッ……当たり前だろ」
で、今朝目が覚めて、
「やべ、バッティングセンター行かないと」
って思ったの。そのときなんでそう思ったかわからなかった。
なぜかついさっき、そういえばこんな夢見たなぁって思い出した。
きっとバッティングセンターも何らかの性的な意味なんでしょうね、心理学的に。<偏見w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする