マスメディアには企業の社会的責任ってのはないのだろうか

ウィキペディアには様々な情報があります。ただ眺めてるだけでも楽しいものです。
この中にテレビ局についての記述があります。フジとかテレ東とかね。もちろん各キー局から地方局まであるのですが、この中で報道における問題点なんて項目があるのはTBSだけです。
先日のボクシングの試合(内藤vs亀田)も酷かったですね。
そもそも亀田一家を持ち上げて何がしたいんだかわかりませんけど、実況の「目を狙っていきたい」とかあり得ないことを言ってて驚きます。
こんなことを書くのはITmediaの「初音ミク特集に批判相次ぐ」って記事を見てです。
これは、偏向報道と呼ばれる情報操作ですね。
ここで思うのは、これだけ不祥事が相次ぐ会社が何故社会的な制裁を受けないのかという点。ここでいう制裁は、放送事業からの撤退させるぐらいあってもいいんじゃないの?ってところまで突っ込んだ話で。
まあ偏向報道ややらせ、虚偽報道なんてのはTBSだけがやってることじゃないけど、TBSは酷すぎると思うんですよ。でも、世に、特にネットや雑誌でどれだけ叩かれようと痛くも痒くもないわけで。それどころか当たり前のように番組を放送してる、つまり業務になんも影響が出てないわけです。
放送倫理・番組向上機構なるものがあっても、実際に放送を止めさせる、なんて手段は存在しないわけで。
それ故にか報道は第四権力なんていわれるわけですけどね。
止める方法がないなら、はやく地上波の時代が終わればいいのになぁ。
とはいえ地上波だけが問題なんじゃなくて新聞や雑誌にも問題はあります。
で、メディア・リテラシーっていう言葉があって、全て鵜呑みにするな、情報を判断せよってことなんだけど、事業でやってるんだからお前らがちゃんとした報道するのが当たり前だろうと思うのは押し付けなんでしょうかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする