感動は生きるための力になる

なんて思う日がたびたびある。
ハム速ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
イイ話だなー。
話は変わって。
僕は日々のこう、思いの丈っての?を文章にぶつけます。まあ、かっこよくいえば小説とか書きたい人であります。
で、あうとらっていうアウトラインプロセッサを使って日々ネタを書き溜めてます。
コツコツやると1,2ヶ月で結構溜まるもんです。書きたいネタは山ほどあるし、ネタ自体はほぼ出来上がったのがいくつかあります。
が。
まあ書き始めると進まない、進まない。
第一章とかって章でいう2つ分くらい書き進めると、
「あ、ここがダメだな」
とか
「あぁーこれじゃ盛り上がらないな」
とか見えてくるんですよ。いや、勘違いかも知れないけどそう思えてくる。そうなるとパタッと筆が止まってしまいます。筆なんて使ってないけど。
キータイプは割と早い方で、書き始めると一気に進むんだけどまあそういう理由であまり書き上げたことはないです。つか過去に1個だけかなぁ。
上のリンクを見て思うのは文章が読みやすい、上手いってこと。
盛り上げるところと引っ張るところが良く分かってる人だなぁと。
書かなきゃ上手くならないし、書き上げなきゃ自分の弱点も見えないわけだけど、いつもいうように僕は努力とかがんばるができないのでムリだー!
自分があと数人いればいいのになぁ。書き上げる人間が何人もいれば……。ナルトの影分身?だっけ。あれマジでうらやましい(笑)
まあ何人いてもムリだろうな、僕の性格じゃ……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする