2011年5月13日、アニメ感想とか。

◆C第5話
『C』5話感想 ついに主人公もやる気出してきたね:萌えオタニュース速報
前回から見えてた部分なんだけど負けたら現実が変わっていくって部分が良いエッセンスになっててすごく面白くなってきた。先生子供がいなくなったのが先週だったのに今週はそれだけじゃなかった的な展開……。あとこの戦闘のルールが明確じゃないところも良いんだろうなぁ。なんかノリで見れるのが心地良いんだと思う。

面白いんだけど……まあDVD/BDの売り上げ的には微妙だろうな……。

◆あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。第5話
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』5話感想 ゆきあつ△ゆきあつ最高!特定班もパネェ・・・:萌えオタニュース速報
『あの花』第5話・・・ゆきあつさん前回と違ってまじかっけー! そして来週もやばそうだな|やらおん!
前回もう一人のめんまが女装したゆきあつだった、とかなり衝撃の部分で終わったんだけど、今回は完全にゆきあつのターンだった!
5話の開幕はその女装したゆきあつと他の超平和バスターズの面々が向き合うというかなりキツイシーンから。じんたんは自分のせいでめんまが死んだと思ってるけど、ゆきあつはゆきあつで自分のせいだって思ってたんだね……切ないよなぁ。
それから友達付き合いで合コンもどきに参加してお持ち帰りされそうになるあなるを助けるゆきあつ……ゆきあつさんカッコイイ!
それからラストのぽっぽが成仏させてやりたいっていうのと、それを見て泣くめんまのシーン。
これ見て思うのが、例えばじんたんやぽっぽ、ゆきあつ、つるこ、あなるがそれぞれをこの物語の中で何かを得たり、あるいは仲間ってものを見つめ直してもその輪にもうめんまは入れないのよね、なんというかめんまだけが救われないのが分かってる物語というか……。それが分かってるから、そしてそれが分かっててもめんまというキャラクターがそれを感じさせない明るさを持ってるからこそこの話は魅力的なのかなぁなんてことを思いました。

◆電波女と青春男第5話
『電波女と青春男』5話感想 女々さんエロすぎ!この親子可愛すぎる:萌えオタニュース速報
『電波女と青春男』第5話・・・ツインテエリオちゃんが可愛すぎて生きるのがつらい|やらおん!
最初この作品、変な女の子がいて、変にドライな男がいて、それに輪をかけた変なドライな親がいて……ってこう人物が全然かみ合ってなくてこれは絵がきれいな以外は全然ダメじゃないか……なんて思ってたんだけど、前回くらいからすごい化けてきてて面白くなってきてます、自分的に。
真がエリオをこう、現実に向けさせたあたりから女々さんの母親像っていうのが見えてきたり、何より真のいうことを聞くエリオが可愛い……うん、これに尽きるな。やっぱりこの手のはアニメは可愛い女の子像があってなんぼだなぁーって思いました。
主人公がうざいって言われてるけど自分はずいぶんと慣れてきたなぁ。予告の青春ポイントも地味に楽しみになってきてる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はかい より:

    >あの花5話
    めんまがオレを毎回泣かせてくれます。
    1回目はゆきあつの前の時で、2回目はじんた宅のぽっぽ発言の辺り。

    めんま自身は何故死んでるのに存在出来て、じんたんにだけ見えてるのか、
    これからどうするべきなのか、消えたい(成仏)のか、そうでないのか
    そういうの全部分かってないけど、今後はじんたんと超平和バスターズで
    指針を立てて解決して行くんだろうかね。

    ぽっぽは悪気が無く良かれと思って言ってて、
    じんたんはぽっぽが正しい事言ってるってのを分かってるんだけど、
    傍にいるめんまが泣いてるのを見て、やめてやってくれって言った辺りで
    居たたまれなくなって涙出たわ……

    同じ部分の感想見ると、オレより全然深い所まで考えてるなーって
    感心させられました。

    • 一升瓶 より:

      おお、同じ同じ。自分も同じところで泣けたよー。
      ちょっとリニューアルついでに、感想はもうちょっと、なんでこれが面白いのかなぁってのが後で読み返したときに自分で分かるように書いていこうかなぁって思った次第で。