踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!を観に行きました。

今日は踊る『大捜査線THE MOVIE 3ヤツらを解放せよ!」を観に行ってきました。

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
君塚 良一(脚本) 金沢 達也(ノベライズ)
扶桑社
売り上げランキング: 16312


あまり評判が良くなくて、動員人数がどうのこうのとニュースになってしまっている本作ですが、自分が行った映画館では夕方17時の回でかなりの人数が入ってました。といっても札幌駅にある映画館なんで元々混雑する映画館ですが。その上、本日はレディースデーだったのでその混雑もあったかも知れませんけど……。
で、そんな評判なワケで、しかも2時間以上もある映画なのでちょっとどうなのかなー?なんて思ってたんですが、うーん、やっぱり面白かった!むしろね、なんで評判が悪いのか全然分かんなかったなぁ。
以下ざっとあらすじ。
強行犯係係長に昇進した青島は、新湾岸署への引っ越しを一任され大張り切り。しかし、引っ越しの真っ最中に8つの事件が湾岸署を襲う!新湾岸署の開署式まであと3日。湾岸署史上最悪の引っ越しが始まった。
湾岸署を襲った最悪の猟奇的連続殺人事件から7年。お台場はさらなる変貌を遂げていた。外国から要人が降り立つ空港が近く、高速道路や変電所などのライフラインもあるお台場はテロリストの格好の標的になっていた。その対策のため、湾岸署は高度なセキュリティシステムが導入された新湾岸署への引っ越し作業に追われていた。その引っ越しを一任されたのは、強行犯係係長に昇進した青島刑事だった。
新湾岸署の開署式まであと3日。部下の夏美や和久らとともに大張り切りで引っ越し作業に取り組む青島。そんな引っ越しの真っ最中に、次々と事件が発生する!金庫破りやバスジャック、さらには湾岸署から青島やすみれらの拳銃が3丁盗まれ、連続殺人事件へと発展していく。
湾岸署には特別捜査本部が設置され、管理補佐官の鳥飼とともに青島は捜査を開始するが、必死の捜査もむなしく、ついに湾岸署は占拠されてしまう。
開所式を翌日に控えた青島ら湾岸署員は、ヤツらを解放し、被疑者を確保できるか!
ざっとあらすじはパンフレットのストーリー概略より引用しました。
青島の部下に、内田有紀演じる篠原夏海(1998年6月放送湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャルより)がいたり、和久さん(いかりや長介)の甥っ子にあたる和久伸次郎(伊藤淳史)がいたり、昔は立ち番警官だった緒方さん(甲本雅裕)がいたりとファンならニヤニヤする設定が盛りだくさん。
真下正義(ユースケ・サンタマリア)は登場してナンパしながら自分が監修したドラマのDVDを配り歩いて、交渉人真下正義で部下だった小池(小泉孝太郎)に「どうしてここに?元課長」と嫌味を言われる始末だったりでそこでまた驚き、と真下は何やってんだとひと笑い。
スリーアミーゴスはいつも通りいい加減で、テキトーに歩きまわって入った拳銃保管庫で銃が盗まれていることを発見。そこでまた驚き、そしてその後の記者会見でスリアミのいい加減っぷりで爆笑。
OD1で犯人のプロファイリングをした殺人犯、日向真奈美(小泉今日子)が出てきたり、すみれのストーカー(伊集院光)やOD2の吸血鬼(岡村隆史)が出演したりしてます。犯人役で出てた人たちもたくさん再出演してたわけですが、中でも作品中で印象深い人物だった日向真奈美が再登場、ストーリーにも深く関わってるところは非常に興味深かったです。
踊るシリーズ初登場の和久さんの甥っ子和久伸次郎は……映画ではまだ顔見せって感じでしょうか。ストーリー上重要なキャラではあるのですが、決して中心にいるわけではない感じです。警視庁捜査一課の鳥飼(小栗旬)は本庁と所轄の間に立って互いのメリット・デメリットを調整する「サーバントリーダー」という役割を担ってます。仕事は効率重視でクールなタイプであり、犯人の命よりも事件の円滑な解決を望むタイプ。中盤で露骨な罠に引っかかったりするちょっとおちゃめな面もあるんですが、本庁側の人間としては珍しく最後までクールなタイプでした。たいてい青島・室井の熱さにやられるんですが……鳥飼はそういうタイプじゃない感じかなぁ……、今回室井さんは出番少ないしね。
まあ多少は事件の解決までが雑だったりするけど、それは踊るシリーズではいつものことだしなぁ……。例えば時東ぁみ演じる犯人の一人が青島の部下の栗山(川野直輝)の煽りで掲示板に潜伏先のネットカフェから書き込みをしてしまってそれをきっかけに所在がバレて逮捕されてしまったりとか……。そういう「え?それで終わっちゃう?」みたいのは毎度だしね。ちなみに栗山役の川野直輝はゲキレンジャーでラスボスやったり、仮面ライダーWでジーンメモリーのドーパントで出てたり結構特撮に出てるので応援していきたいです。元々はジャニーズジュニアだったらしい……すごいなぁ。
で、衝撃の、いや笑撃?のラストがあるんですが……まさかあの人があんなことになるなんて……。映画館で爆笑してしまいました。うーん、やっぱり面白かったなぁ。
劇場が結構冷房キツめで寒かったこともあってラスト1時間弱くらいはトイレガマンとの戦いだったんでした……面白かったけど長いなぁってのはあるかな。もうちょっとちゃんとトイレガマンできるように飲み物を控えるとか対策しておくべきだった……涼宮ハルヒの消失のときは色々対策したんで平気だったんですけどね。そこまで長い映画じゃないし大丈夫だと思ったんですが油断したな……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする