劇場版マクロスF虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~を観ました。

Calendar
2017年3月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Search
Recent Entries
Tag
Category
Archive
Bookmeter
一升瓶さんの読書メーター

昨日「明日早起きできたらマクロスF観てくるかな、そろそろ終わっちゃいそうな気がするし」なんてことを唐突に思い、今日それを決行してきました。
そんなわけで行けたら行こう、だったのであらかじめ予約などはせずに着いたらチケット買えばいいや、という気分で出かけてきました。また観るのにちょっと条件的なものとして夕方の回は帰りが遅くなってしまい、その後の自炊や風呂タイムに影響があるのでパス。自宅から一番近い映画館は16時半くらいからの1回しか上映がなく、そういう理由でパス。仕方なく都内まで出向くことになりました。
で、行ってきたのが新宿バルト9という映画館。ここの11時50分の回で観ようと出向いたのですが、なんと着いたときにはすでに満席。次の15時の回も残り1席とか……。
正直、新宿っていう立地を舐めてたね。いや、というかマクロスFなんてもう混まないだろうと思ってたんですが。
しょうがないから帰ろうかと思ったんですが、そういえばシネマサンシャイン池袋でもやってたなぁと思い出し、WILLCOM03で検索しシネマサンシャイン池袋のサイトにアクセスしてみたところ「窓口対応」みたいな印になっていたのでとりあえず向かってみることに。で、目指すは12時40分の回。これを逃したらもう諦めて帰るつもりでした。
で、池袋のシネマサンシャインに着いたのが12時25分くらいだったのですが、まあ窓口が大行列。建物からずっと離れたところまで行って最後尾に並びました。そこからようやく窓口に着いた頃にはすでに12時45分。ダメ元でマクロス入れますか?とたずねてみたところ、「まだ予告中なので入れます」という回答が!大急ぎで真っ暗の場内に入り、席につき上着を脱いだところでまさに上映開始。いや、ホント間に合って良かったよ……。ちなみに席は入り口から近い端の席してくれたのですんなり座ることができたのです。
で、やっぱりあらかじめどの回に行くぞって決めて、ちゃんとネットで予約してから行くべきだなぁって思いました。特に大きなシネコンに行くときはやっておくべきですね。ホントに入るのに20分待ちとかハンパないっす。
さてさて、そんなわけで前置きが長くなりましたがネタバレする感想を含むので折りたたみます。


<--- 以下マクロスF虚空歌姫の感想 --->
古い作品で恐縮ですが、最初のマクロスの劇場版はまさにTVシリーズを再編集して、さらに映画の独自の演出をプラスすることで大ヒットした作品、と記憶しています。自分はこの「劇場版マクロスF虚空歌姫」もそういうイメージを持って見に行ったので、まずビックリしたのは、むしろ映画版オリジナルのストーリー展開だったことです。完全にオリジナルというと語弊がありますが、パンフレットにある言葉を借りると「パラレルを許容」して作られたストーリーとなっています。
なのでTVシリーズを見ていても、違うストーリーを新しい新鮮な気持ちで見れるのではないかと思います。自分はそんな気分で観ていました。
そして、TV版でも十分頑張っていた戦闘シーンですが、やっぱ劇場版は違いますね、予算が違いすぎるね。ライブシーンもそうですが、VFXって言えばいいのかな、CGによる演出は圧巻。
TVシリーズ時とはちょっと違う演出になっているのですが、最初のバジュラ襲撃時にアルトがVF-25に乗り込みランカを救おうとするシーンとか。いやー格好良くて感動しちゃいました。アルトもやれば出来る子だったんだ!みたいな(笑) なんかTVだとすんなり動かしてた印象なんですが映画だと苦戦しながら動かす、そういう細かい演出が入るのが劇場版だからこそ、なんだろうな。
で、ストーリーは前半部分のシェリルのライブの日にバジュラに襲われて~って筋は同じですが後半からは劇場版ストーリーとなります。バジュラ襲撃とシェリルのライブの奇妙な一致から、フロンティア側はシェリルがギャラクシーのスパイなんじゃないかと疑いを向けます。それはオズマからアルトの耳に入りアルト自身も疑心暗鬼となっていきます。
で、誤解を持ったままシェリルのイヤリングを見つけたアルトはそれを届けにシェリルの元を訪れます。なんやかんやあって、シェリルはSMSを金で雇い、ギャラクシーを助けるように依頼、そしてSMS、アルトも戦場へと赴くことになります。
こういう流れの中でシェリルの再公演が始まるんですが、ホントねー、良かったよ。結局、再度フロンティアが戦場になるんだけど、そのときにシェリルはそこで歌い続けて、SMSがそのステージをバジュラから守るシーンがあるんだけど、いやー、泣いたねぇ、ホントハンカチ持っていって良かったよ(笑)
戦場で歌うなんてホント非常識だって分かってるんだけど泣くね。もうね、あまりに壮大で、そしてバカバカしすぎて泣いた。誤解がないようにいっておくと、バカバカしいも褒め言葉ね(笑)
結局今回の劇場版を見終わって思ったのが、ホントバカバカしいことを全力でやる作品だなぁってこと。あまりにそれを壮大なVFXと音楽を持ってやるもんだからすごい作品に見える、それがマクロスFの魅力なんだろうなって思いました。
細かい気になったところを挙げるとキリがないんですが、グレイス(シェリルのマネージャーの人)がまあ脱ぐのはTV版でもありましたが乳首まで描く必要があるんですかね……。いやまあ、お色気は大事ですが(笑)
あと劇中で、ランカのアイモ、シェリルのアイモの両方が使われているんですが、シェリルのアイモはなぁ……ちょっと艶めかしくすぎて笑っちゃう自分がいます。あと、過去のアルバムがアイモだらけだったからもう聴きたくないんだよ、みたいな感じもね……いや、作品の中でキーになる曲だからしょうがないんだけど。
もう1つ。アルトがシェリルのイヤリングを見つけたあとそれを自室で着けるシーンがあるんですが、そこで急にサイコメトラーに目覚めたかがごとくシェリルの感情を読み取ってしまうのはどうなんでしょうか?いや、そこも先に挙げたバカバカしいことの一つなんで大いにやってくれて結構ですけど……(なら言うなよっていうツッコミ待ちw)
劇中に結構新曲が使われていたんですがやっぱりやっぱりちゃんと聴きたくなりますね。劇中だとどうしてもSEが入るんでちゃんと聴き取れないですし。シングル買っちゃおうかなぁ。
そんなわけで次の劇場版もぜひ観に行きたいと思ってます。

Similar Posts:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 加持 亮二 より:

    そんな強行日程で観に行ってたのかーw
    声かけてくれれば付き合ったのにと思うんだけど、多分その後すぐ帰りたかったからだよねw
    まぁ勢いって大事だよね、うん。
    私は公開1週間後の正に新宿バルト9に行ったけど、私も舐めまくってて同行者に迷惑を掛けてしまった……w
    ネットで予約済みだったから席は大丈夫だったわけだけど、立ち見も出る満席だったねぇ。
    ここの劇場は超良かった。
    ちなみにシネマサンシャインも昔に何度か行ってるけど、あそこも良いよね。
    感想は私とおんなじだねw
    私も最後のライオン前後辺りで泣いてたわー。
    ちなみにイヤリングのあれはイヤリング側に何かそういう力がこめられてる設定だと思って観てたわw
    次回作の時も誘うんで今度は行けると良いやね。
    というか前回は予定が動かせなかったからダメだったので、ちゃんと予定は合わせるようにしますw
    っつーかハルヒも観に行く?w みたいなw
    今年はまだ例の人にメール出したりしてないから、時期的に丁度良いのかなとか何とか。

  2. より:

    うん、すぐ帰るつもりだったんで一人でこっそり行ったんです(笑)
    バルト9はキレイだし、立地が良いからやっぱ人が集まるんでしょうね。今時期はのだめやワンピース(特典あるそうで)、さらにアバターなんて注目作も多いですし。ただなぁ、やっぱマクロスFがいっぱいになるとか意外すぎます(笑)
    ちなみにここにある豆腐のドーナツとやらをすげー楽しみにしてたのに入れなかったのが非常に残念でした。ドーナツ喰いながら映画観るつもりだったのに……。
    イヤリング側か、なるほどね。そんな気もしたんですああまりに唐突だったんで、サイコメトラーきたーって笑っちゃいました。周りは笑ってなかったんで自分の感覚がずれてるのかも知れません(笑)
    ハルヒはほっといても行っちゃうんで、行くならお誘い下さい。