魔法つかいプリキュア!第12話「満天の星空とみらいの思い出」

Calendar
2017年3月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Search
Recent Entries
Tag
Category
Archive
Bookmeter
一升瓶さんの読書メーター

2016-04-25_0929以下、東映アニメーションの公式サイトよりあらすじを引用します。

ナシマホウ界での授業初日。リコは、とっても張り切っている。クラスメイトとおしゃべりするより、授業の予習!放課後にバレーボールに誘われても、まずは入門書でバレーボールの研究をしたいと帰宅してしまう。余裕のないリコを見て、みらいはほうきに乗って夜の空中散歩へ誘い出すことに…。

「わたし魔法界代表としてこのナシマホウ界でも全力でがんばります!」

2016-04-25_0956リコ「わたし魔法界代表としてこのナシマホウ界でも全力でがんばります!」
魔法学校の校長にドヤ顔で宣言するリコ。
2016-04-25_1002満開の桜の下を歩く登校中のみらいとリコ。

アニメで入学式頃の話をやるときには桜というアイテムは良く見かけますが、実際入学式が終わり授業が始まる頃に桜が咲いている地域となると長野とか東北だと山形秋田宮城あたりでしょうか?
この描写は全然本編とは関係ない部分なんですが、私はこういう景色を見ながら地理的にはどの辺なのかな?なんてことを考えてしまいます。
2016-04-25_1013
2016-04-25_1014_001前回のお話で約束した通り、学校に行くときもはーちゃんとモフルンが一緒です。毎回気になるのですが、みらいのカバンにモフルン入るんだろうか…?アップになったときはカバンが膨らんでますが普段は割とぺしゃんこになってる気がします…、気のせい?(笑)
2016-04-25_1017教室でみんなに朝の挨拶をするリコ。かなり礼儀正しく…悪く言えば浮いてます。
2016-04-25_1028授業の前に予習にいそしむリコ。私はもういい歳したオッサンなので立派な娘だなぁーって思うのですが、同年代だったらと考えると少し堅苦しいのかも知れません。
2016-04-25_10311年生の頃からみらいのクラスメイトだった長瀬まゆみちゃんもリコは「話しかけづらい」と感じているようです。
2016-04-25_1034授業中のリコ。授業に取り組む姿勢も非常に積極的です。
2016-04-25_1036ものスゴい大きさで答えを書いちゃうリコ。黒板からはみ出すとはなかなかのドジっ娘ぶりです(笑)
2016-04-25_1038続いて理科、星座についての授業シーンなのですが…。
2016-04-25_1039「星読みなら魔法学校ではトップの成績だったわ」と自信を見せるリコ。
ちょっと待って!左下の絵、おかしいんですけど!(笑)
心なしか、文字も「BENZA」って書いてませんか?これどうみても「便座」ですよね(笑)
2016-04-25_1042春の大三角と呼ばれる3つの星の名前を答えよ、という問題なのですが「ピピロポラーナス」「チャカチャカコナール」「ピョンカドナール」と答えるリコ。うん、全然違いますね(笑)
※正解は「アルクトゥールス」「スピカ」「デネボラ」です。

当然ですが魔法界とナシマホウ界では星の呼び方も全然違うようです。というか、そもそも見える星空も全然違うでしょうね。
2016-04-25_1104放課後、バレーボールをするみらい。アイカツスターズ!の第3話といい最近アニメでバレーボール良く見るな…。バレーブームきてますか?
2016-04-25_1106そして見学してるリコ。リコは当然バレーボールなんて知りません。
2016-04-25_1649一人体育館をあとにし本屋でバレーボールを研究するリコ。
2016-04-25_1655その後、河原で一人バレーボールの本を熱心に読みます。モフルンが一緒なのは帰り際に間違えてみらいのカバンを持ってきてしまったからです。
2016-04-25_1657
2016-04-25_1658モフルンに風船を投げてもらって、それをアタックするリコ。
2016-04-25_1659練習に熱が入りすぎたのか肩を痛めてしまいます。
2016-04-25_1700
2016-04-25_1701肩たたきをしてくれるモフルン。

可愛すぎる…私もモフルンと暮らしたいッ!(笑)

「ねえリコ!行ってみようよ、雲の上まで!」

2016-04-25_1709その日の夕食、中学2年生最初の授業はどうだった?と聞くみらいのママ。みらいはリコが先生の出す問題にバシバシ答えてスゴかったとママに教えます。
2016-04-25_1711ところが今日は全然ダメだったから明日はもっとがんばると答えるリコ。
2016-04-25_1713理科で星座をやった話をするとみらいのパパが昔天体観測に行った話をリコにします。

そのとき目を離した隙にどこかへ行ってしまったみらい、二人で探し回ってようやく見つけたみらいはモフルンを抱いてニコニコ笑っていた、と語ります。
2016-04-25_1716その日の夜、部屋で勉強をしているリコの下へ魔法学校の制服姿でみらいがやってきます。
2016-04-25_1718みらい「行こうよ!キラキラの星を見に!」
2016-04-25_1719曇り空の下、ほうきで飛ぶみらいとリコ。

そんな中、飛びながらみらいはリコに言います。
2016-04-25_1722_001みらい「さっきのお父さんの話ね、小さいとき山で迷っちゃったとき…わたし怖くてホントはずっと泣いてたの」
2016-04-25_1930
2016-04-25_1724みらい「星がスゴく綺麗だったの!暗くて怖かったはずなのに、キラキラしてて明るくて…同じ夜なのにね」
2016-04-25_1726リコ「見方が変わったのね」
2016-04-25_1727_001みらい「そうそれ!リコも…同じだと思うの」
2016-04-25_1728リコ「え?」
2016-04-25_1732みらい「まっすぐ前を見るだけじゃなくて、グル~っと周りを見たら星空みたいにキラキラでワクワクなことがきっといっぱい見つかるよ」
リコ「キラキラでワクワク?」
2016-04-25_1736みらい「うんっ!せっかく一緒にいられるんだもん、魔法界と同じように二人で楽しいこと見つけよう!」
2016-04-25_1737リコ「楽しいこと…」
2016-04-25_1738みらい「ねえリコ!行ってみようよ、雲の上まで!」

ああもう、このシーンスゴい!素晴らしい!カット割りや作画の美しさでどれだけ力が入ったシーンかがうかがえますが…セリフ回しもスゴく好きです。直接的に力を抜こうなんてことを言うのではなく、二人であの雲の上まで行けばきっと楽しいことがある、そういう風にいえるみらいの純粋さや優しさが出ている名シーンですね。

私もうオッサンなんでこういう純粋さに触れると涙腺が緩んじゃいますね。
行ってみようよ、雲の上まで、かぁ…ホント良いセリフだなぁ。
2016-04-25_1746そう言って雲の上を目指すのですが、なんと蜘蛛の巣がはってありました。この辺はさすがプリキュアです(笑)
2016-04-25_1748
2016-04-25_1748_001
2016-04-25_1750危うく地面に激突しそうになるみらいでしたが、リコが間一髪で腕を掴みなんとか激突を免れます。
2016-04-25_1753クモといえばこの人、闇の魔法使いの一人スパルダ。
2016-04-25_1754「魔法、入りました!」と出てきたのは雲と「川をきれいにしましょう」と書かれた看板で作られたヨクバール。…正直弱そうです(笑)
2016-04-25_1800リコ「こんな夜中に騒がないでよ!」
2016-04-25_1803みらい「みんなが起きちゃうじゃない!」
2016-04-25_1805今回はルビースタイルです。
2016-04-25_1839そして雲を使ったヨクバールであるが故に攻撃が利きません、ですよねー。
2016-04-25_1840みらい「全然つかみどころがない」
リコ「せっかくのルビーのパワーが…」

うん、明らかにミスチョイスですよね。サファイアの方が戦いやすかったんじゃ…。
2016-04-25_1843調子づいてさらに周囲の雲を吸い込み巨大化するヨクバールさん。見事な負けフラグの立てっぷりだと思います…、無茶しやがって…(笑)
2016-04-25_1845みらい「ハッ!動きが鈍い!?」
うん、やっぱり調子に乗ってやりすぎてしまいましたね(笑)
2016-04-25_1847「紅の情熱よ!わたしたちの手にッ!」
2016-04-25_1849
2016-04-25_1851そんなワケで無事ヨクバール撃退です。
2016-04-25_1852リコ「うわぁ!気がつかなかった…星がこんなに綺麗だなんて…」
みらい「良かった…いつものリコだね」
リコ「え?」
2016-04-25_1855はーちゃん「リコ、ずっと、ん~っておかお、してたよ」
リコ「やだ…」
2016-04-25_1856みらい「まゆみたちがね、リコともっとおしゃべりしたいって」
2016-04-25_1858リコ「明日、なんて話しかけたらいいかな…」
はーちゃん「いっしょにあそぼ、だーよ」
リコ「…そうね、えへへ」
2016-04-25_1859リコ「わたし見つけたい…、この世界でも素敵なこと、たくさん!」
2016-04-25_1901
2016-04-25_1902みらい「あ、あの星スゴい綺麗だねぇ」
2016-04-25_1902_001リコ「なんだか手が届きそう…」
はーちゃん「きらきら」
2016-04-25_1903リコ「星に手が届いちゃった…」
2016-04-25_1905
2016-04-25_1905_001モフルン「タンザナイト、うちゅうのリンクルストーンモフ」
2016-04-25_1907
2016-04-25_1909かな「え?流れ星?じゃなくて…一体なんなのぉ?」
とまた魔法を使ってるところ見られてしまったようです。ただし今回はシルエットだけかも知れませんが…。
2016-04-25_1911翌日、朝にこやかに挨拶するリコ。みらいとまゆみちゃんがまたバレーボールしようと話します。
2016-04-25_1912リコ「わたしもバレーボールしたい、でもルールを知らなくって…やり方教えてくれる?」
2016-04-25_1913まゆみ「うん、もちろん!」
2016-04-25_1914リコ「リコでいいわ、十六夜さんってまだ慣れなくて…」

こうしてリコもみらいの友達と少しずつ親しくなっていくのでした。

星空の下語らう二人…最高でした!

いやぁ、今回も良い話でしたね。
2016-04-25_1936歌でいうとBUMP OF CHICKENの『天体観測』やsupercellの『君の知らない物語』にも出てきますが、一緒に星を見に行くっていうキーワードにある青春感を非常に上手く使った素敵な脚本だったなぁと思いました。あと二人が魔法つかいだからこそできる二人でほうきに乗って空を見上げるっていうシーン、スゴく良かったです。

Similar Posts:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする